遺言書作成

遺言書を残すには、どうすればよいかご存知でしょうか。
遺言書は好きなように一筆書いて、箪笥の奥に隠しておけば良いというものではありません。どんな遺言書にも効力を認とめてしまうと、隠してある遺言書をある日誰かに見つかって、好きなように書き換えられてしまうかもしれません。また、自分の死後誰かにねつ造されてしまうかもしれません。

そのようなことにならないために、遺言書には厳格なルールが決められているのです。 遺言書に法的な効力を持たせるためには法律に従って作成しなければなりません。

のちのトラブルにならないためにも、法律家に相談しながら確実な遺言書を作成しておきましょう。

 

遺言書を残しておくことで、後のトラブル防止になります

特に金銭が絡むことには、口約束というものはトラブルの元です。

例えば生前、知人やお世話になっていたヘルパーに「自分が何かあったらこの通帳の資金から葬儀やそのほかの事務処理を行ってほしい」とお願いしていたとします。
しかし、預金は本人が亡くなった後は相続財産となりますので、相続手続きで名義変更が終わるまでは勝手に引き出すことができなくなりますし、そもそも相続人でない人(亡くなった方の預金を受け取る法的権限がない人)が相続財産を勝手に使ったとなると、用途が亡くなった方の葬儀や死後事務のために使ったとしても法律違反となってしまいます。最悪の場合、良かれと思って行動してくれた方が他の相続人から訴えられてしまうかもしれません。

お世話になった方を法的トラブルに巻き込まないためにも、遺言書に死後の精算や遺産の処理について明記しておき、身ぎれいな最期を迎える準備をしておくことが重要です。

 

生前対策について

 

初回の無料相談実施中!

  • 事務所概要
  • アクセス
  • お申込フォーム

出張相談対応

  • 足が悪い、遠方で出かけて行けない方などは、どうぞ出張相談をご利用下さい。担当者が、播磨・神戸から、無料で出張相談に対応いたします。

出張相談対応

  • 電車や公共交通機関をご利用の方は、駅まで送迎をしております。お気軽にご要望下さいませ。

 

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

    播磨事務所

    (播磨・加古川・明石・稲美・高砂)
  • West side
    兵庫県加古郡播磨町
    北本荘三丁目2番5号

  • 神戸事務所

    (神戸・芦屋・西宮・大阪)
  • East side
    神戸市中央区磯辺通
    二丁目 2番10号

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別