不動産評価・売却

相続した不動産を売却する場合、被相続人の名義のまま売却することはできません。

まずは不動産の名義を変更する手続きをとり、相続人の名義に変更してから不動産の評価をだし、売却といった流れになります。不動産の売却をする際には、税金も発生しますので確認しておきましょう。下記にて相続した不動産の評価と売却の流れをご確認ください。

 

不動産の名義変更(相続登記)をする

相続によって取得した不動産をまずは被相続人の名義を取得する相続人の名義に変更します。これを相続登記といいます。

 

不動産の評価を出す

相続登記の手続きが完了したら、不動産の評価を算出します。

不動産の表が書く=売却額ではありませんので注意しましょう。

実際の売却額は不動産業者や一般仲介との取引によって決まります。

 

譲渡所得税の申告

相続した不動産を売却する際には譲渡所得税の申告が必要となる場合があります。
譲渡所得税とは不動産を売却した際に発生する税金です。

相続した不動産を売却する場合には、上記の手続きが必要となります。

 

相続遺言相談センター(加古川・播磨・明石・神戸・三宮) 対応エリア
【対応エリア:加古川、播磨町、稲美町、明石、高砂、神戸】
※ご希望の方は、山陽電鉄 播磨町駅 /JR土山駅までお迎えにあがります。お気軽にお申し付けください!(送迎は播磨事務所のみ対応しております)

不動産評価・売却について

 

初回の無料相談実施中!

  • 事務所概要
  • アクセス
  • お申込フォーム

出張相談対応

  • 足が悪い、遠方で出かけて行けない方などは、どうぞ出張相談をご利用下さい。担当者が、播磨・神戸から、無料で出張相談に対応いたします。

出張相談対応

  • 電車や公共交通機関をご利用の方は、駅まで送迎をしております。お気軽にご要望下さいませ。

 

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

    播磨事務所

    (播磨・加古川・明石・稲美・高砂)
  • West side
    兵庫県加古郡播磨町
    北本荘三丁目2番5号

  • 神戸事務所

    (神戸・芦屋・西宮・大阪)
  • East side
    神戸市中央区磯辺通
    二丁目 2番10号

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別