相続方法と相続放棄

相続人が確定し、相続財産の調査も完了したら、財産の相続方法を決めていきます。

特に負債などもなく財産の全てを相続するという場合を単純承認といいます。

逆に財産に負債か借入などのマイナスとなる財産が多く、相続をしたくない場合には相続放棄の手続きをします。相続放棄をする為には、家庭裁判所へと相続放棄の申立てをする必要があり、相続発生を知った日から3ヶ月以内にその手続きをしなければなりません。この3ヶ月を過ぎてからの相続放棄は原則認められませんので注意が必要です。ただし、例外として負債があった事を知ったのが3ヶ月を過ぎてからだった場合には、要件を満たしていれば相続放棄が認められる場合もあります。

また、負債となる財産もあるが、預貯金等のプラスの財産もそれなりにある場合に、限定承認という相続方法があります。限定承認は、プラスとなる財産の範囲内でマイナスの財産を相続するという方法で、負債をプラスの財産以上に相続する必要がなくなります。限定承認も、家庭裁判所への申立てが必要になります。

上にあげた相続放棄と限定承認の申立ては、法律に関しての知識と経験が必要になります。相続の専門家である我々にお任せ頂ければ、安心して相続のお手続きを進める事が可能でございます。相続放棄を検討されている方、負債がある事が分かっている方、ぜひ相続遺言相談センター(加古川・播磨・明石・神戸・三宮)にご相談下さい。

 

相続遺言相談センター(加古川・播磨・明石・神戸・三宮) 対応エリア
【対応エリア:加古川、播磨町、稲美町、明石、高砂、神戸】
※ご希望の方は、山陽電鉄 播磨町駅 /JR土山駅までお迎えにあがります。お気軽にお申し付けください!(送迎は播磨事務所のみ対応しております)

相続方法と相続放棄について

 

初回の無料相談実施中!

  • 事務所概要
  • アクセス
  • お申込フォーム

出張相談対応

  • 足が悪い、遠方で出かけて行けない方などは、どうぞ出張相談をご利用下さい。担当者が、播磨・神戸から、無料で出張相談に対応いたします。

出張相談対応

  • 電車や公共交通機関をご利用の方は、駅まで送迎をしております。お気軽にご要望下さいませ。

 

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

    播磨事務所

    (播磨・加古川・明石・稲美・高砂)
  • West side
    兵庫県加古郡播磨町
    北本荘三丁目2番5号

  • 神戸事務所

    (神戸・芦屋・西宮・大阪)
  • East side
    神戸市中央区磯辺通
    二丁目 2番10号

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別