相続税申告

相続が発生したら被相続人が所有していた財産を相続人が相続する流れとなるのが一般的です。相続する財産の総額が相続税の基礎控除額をこえる場合、相続税の申告及び納税をする必要があります。

相続税の基礎控除額は下記になります。

3000万円+600万円×法定相続人の数=基礎控除額

相続税の申告が必要な場合には、相続が発生した日から10か月以内に、税務署に申告及び納税をする必要があります。

相続税の申告期限を過ぎてしまうと、本来受けることのできる控除がうけられなくなるばかりか、延滞税や加算税などの本来発生しない税金まで加算され、税額がどんどん膨らんでしまいます。
ですから、相続税の基礎控除額をこえる財産がある場合には、速やかに相続税申告の手続きができるよう相続手続きを進めていきましょう。

 

相続遺言相談センター(加古川・播磨・明石・神戸・三宮) 対応エリア
【対応エリア:加古川、播磨町、稲美町、明石、高砂、神戸】
※ご希望の方は、山陽電鉄 播磨町駅 /JR土山駅までお迎えにあがります。お気軽にお申し付けください!(送迎は播磨事務所のみ対応しております)

相続税申告について

 

初回の無料相談実施中!

  • 事務所概要
  • アクセス
  • お申込フォーム

出張相談対応

  • 足が悪い、遠方で出かけて行けない方などは、どうぞ出張相談をご利用下さい。担当者が、播磨・神戸から、無料で出張相談に対応いたします。

出張相談対応

  • 電車や公共交通機関をご利用の方は、駅まで送迎をしております。お気軽にご要望下さいませ。

 

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

    播磨事務所

    (播磨・加古川・明石・稲美・高砂)
  • West side
    兵庫県加古郡播磨町
    北本荘三丁目2番5号

  • 神戸事務所

    (神戸・芦屋・西宮・大阪)
  • East side
    神戸市中央区磯辺通
    二丁目 2番10号

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別