単純承認

単純承認とは

単純承認とは、相続財産を無条件に全て相続するという相続方法です。

相続発生日から3ヶ月以内に、家庭裁判所へと相続放棄・限定承認の申立てをしなかった場合は自動的に単純承認した事になります。

単純承認をした事になる状況として、相続放棄や限定承認の申立てをしなかった場合以外のパターンとして下記がありますのでご注意下さい。

  • 相続人が全相続財産、またはその一部を処分した
  • 相続人が相続放棄、又は限定承認の申立てをしたが、全相続財産、もしくはその一部についてを隠匿、使い込み、悪意でこれを財産目録へと記載しなかった場合

 

上記パターンの際には、全てを単純承認をしたことになります。

相続財産を処分してしまったり、被相続人の預貯金を使用していたり、逆に被相続人に対しての請求を代理で支払った場合でも単純承認をしたことになり、その後に相続放棄が出来なくなってしまいますので充分注意をしましょう。

 

相続方法と相続放棄について

 

初回の無料相談実施中!

  • 事務所概要
  • アクセス
  • お申込フォーム

出張相談対応

  • 足が悪い、遠方で出かけて行けない方などは、どうぞ出張相談をご利用下さい。担当者が、播磨・神戸から、無料で出張相談に対応いたします。

出張相談対応

  • 電車や公共交通機関をご利用の方は、駅まで送迎をしております。お気軽にご要望下さいませ。

 

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

    播磨事務所

    (播磨・加古川・明石・稲美・高砂)
  • West side
    兵庫県加古郡播磨町
    北本荘三丁目2番5号

  • 神戸事務所

    (神戸・芦屋・西宮・大阪)
  • East side
    神戸市中央区磯辺通
    二丁目 2番10号

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別