相続税とは

ここでは相続税についてご説明いたします。

相続によって故人さまの財産を相続人が相続する際、課税される税金を相続税といいます。

しかし、この相続税は、相続財産の総額が基礎控除額を越えない場合には、申告及び納税をする必要はありません。

相続税の基礎控除額は3000万円+600万円×法定相続人の数(平成27年1月1日より)となります。

この算出額を超える相続財産がある場合には、相続税申告が必要となります。

例えば、法定相続人が4人の場合には、

3000万円+600万円×4=5400万円となりますので、相続財産の総額が5400万円以下であれば、相続税の申告は必要ありません。また、この基礎控除を超える相続財産があった場合でも、相続税には様々は控除がありますので、控除が適用され最終的に納税額はゼロという場合もあります。ただし、控除を適用するには申告が必要になりますので、基礎控除額を超える相続財産がある場合には、必ず申告はします。

 

課税されるのは誰?

相続税を納税するのは、相続によって財産を取得した人です。また、相続だけではなく、遺贈や死因贈与によって財産を取得した人にも相続税は課税されます。

 

相続税申告について

 

初回の無料相談実施中!

  • 事務所概要
  • アクセス
  • お申込フォーム

出張相談対応

  • 足が悪い、遠方で出かけて行けない方などは、どうぞ出張相談をご利用下さい。担当者が、播磨・神戸から、無料で出張相談に対応いたします。

出張相談対応

  • 電車や公共交通機関をご利用の方は、駅まで送迎をしております。お気軽にご要望下さいませ。

 

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

    播磨事務所

    (播磨・加古川・明石・稲美・高砂)
  • West side
    兵庫県加古郡播磨町
    北本荘三丁目2番5号

  • 神戸事務所

    (神戸・芦屋・西宮・大阪)
  • East side
    神戸市中央区磯辺通
    二丁目 2番10号

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別